きょうのきもち

アクセスカウンタ

zoom RSS EAFF女子東アジアカップ2015 vs中国

<<   作成日時 : 2015/08/09 09:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0


勝って最下位を免れたのはよかった。
いくら「チャレンジ」といっても、
日本代表ですから。


が、もともとノリさんは
優勝なんて考えてなかったんじゃないかな。
あくまで今回は若手の発掘と
経験を積ませることが一番の目的で、
それでも一応は“なでしこジャパン”だから、
「優勝」という単語を口にして、
選手たちに責任感を植えつける。
来年の五輪予選に向けてデータを収集しつつ、
こちらのデータ(本番のメンバー)は見せない、
とかね。
もちろん、予選に出るメンバーを出して、
相手のプレーを体感させるのもアリなんですが、
さすがに休ませてあげたいよね…。
W杯終わってすぐリーグ戦出て、
しかもリーグ戦も過密日程だったし。
ということで、個人的には、
今大会は意味のあるものだったと思うのです。
悪いところも出たしね……。


「新ヒロイン」とかいって
特定の名前がいくつか出てますが、
わたしはやっぱり増矢を推します。
昨日は後半から入ってくるんじゃないかなと
思ってたけど、遅かったなあ。
横山も投入が遅かったけど、
実はこの二人、もう合格点は出ているのでは?
と逆に考えたりしてます。
「使える」と判断できたから、
それ以外の選手をじっくり見極めていたのでは?
と、個人的希望を込めて思うのですが。
しかし、京川のサイドバック起用は…
ちょっと厳しい気もする。
澤、近賀、阪口は
ポジションチェンジが功を奏したケースだけど、
京川の場合は…
少なくともリオに間に合うレベルではない。
長期的にはいいチャレンジなのかもしれないけど、
守備を世界的なレベルでできるかというと、
すぐには無理でしょう。
近賀&阪口のポジションチェンジ前も、
こんな感じだったのかなあ。
もともと守備の意識・センスが
どれくらいあったんだろう。
今の京川と比べてみたい。
サイドバックなら柴田のほうがいいんじゃないかと
思ったりするんですが。
中島もいるし。
それより、センターバック、
あれしか人材いないかねえ……。
長船、何してるんだよお。


あやちゃん、なほさんを見てると、
「怪我少ないのも才能の一部」
としみじみ思います。
(なほさんは昔、大怪我してるけどね)
が、それすら超越するのが澤さん…。
怪我したりしても、しっかり復活してくる。
あの人、やはり別格。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
EAFF女子東アジアカップ2015 vs中国 きょうのきもち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる