渋谷区ぐるり。

画像


















狂言ござる乃座@国立能楽堂。
「武悪」の面を使う狂言が二つ。
『簸屑』は太郎冠者の萬斎さんが楽しい。
普段居眠りしている姿が想像できない
(いつでも神経を研ぎ澄ませていそう)
萬斎さんの居眠り姿が観られるというのが貴重。
『政頼』では、
愛嬌たっぷりの太郎冠者から一転、
凛々しい萬斎さん。
白い装束をまとった萬斎さんは
本当に気品があり美しい。
今日の番組はまさしく「一石二鳥」。
愛嬌と気品、
狂言での萬斎さんの大きな魅力、
どちらも楽しめたから♪
あ、福々しい石田さんのお顔が
武悪面で隠れていたのは少し残念。
でも、武悪も実は面白い顔だよね。
あんなに武悪が並ぶとちょっとコミカル。


ござる乃座の後は
用事があって青山へ。
電車で行くには近い割に乗り換えが必要だし、
歩くにはちょっと距離が長い。
(今日のわたしにとっては)
…と思っていたら、
国立能楽堂へ向かう時に
「ハチ公バス」という手があることに気づく。
うまい具合にバス停に着いた3分後に
バスがやってきて、乗車。
近くは散々歩いているのに
通ったことない道は新鮮だったし、
昔デートでよく歩いたところも通って、
懐かしかったり。
思いがけず「バス旅」もできてよかった☆
しかし…
久しぶりの「週末の表参道」、
もうキツいな……。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック