糾える縄。


個人的には、
選手交代で
阪口を入れてもよいのでは、
と思っていた。
攻撃も大事だが、
川村のパスが怪しかったので、
川村は守りに注力させて、
攻撃センスもある阪口を入れて、
中を安定させることが必要かと。


宮間と川澄が流動的に動けるのは
やっぱりいいと思う。
特に宮間はできれば前めで使ってほしい。
この過密スケジュールでは
どうしてもターンオーバーが必要なので、
ボランチでの出場もやむを得ないんだけど。
本当にどうして
こんな日程なのか。


横山は前半だけだった。
大儀見、宮間は自分のプレーができず。
そりゃどの国だってそこをマークするもん。
それはこちらもわかるはずなんだから、
さらにその上をいかないと。
ボランチが二人とも
「いつものメンツ」でないというのは、
残念ながらキツいんだな。
宮間、阪口どちらかがいないと、
他のメンツでは物足りない。
でも日程がね…(以下省略)。
福元は責められない。
PKを止めているし、
さすがの安定感で安心して観ていられた。
正直、中島は「切り札」な感じがする。
代表で生き残るには、
アタッカー的な部分より、
守りも磨くべき。
INACでは経験あるし、
「切り裂く」系は他にいるので、
「人を使える」という部分を磨いてほしい。


いろいろ考えてしまうが、
やはり思い至るところは
ただひとつ、
「どうしてこんな日程で
大事な予選をやらなきゃいかんのか」。


この緊張、
腰に良くないです。
次戦はスタジアムで観ます。
腰に良い試合をお願いします。
もちろん力の限り、
サポートします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック