それを何と呼ぶ

画像













変化には
内発的なものと外発的なものがあり、
(漱石ですね)
内発的な変化のほうが
偉いような感じもするけれど、
外発的な変化も
「縁」とか「運命」とか呼べなくもない。
そう呼ぶと、
素敵に思えてくるわけで。
言い方って大事ですね。


今週は外発的なものに見舞われました。
まだ決定はしていないけど、
おそらく変化が起こりそう。
変わるなら、
今回のものは「縁」と呼びたいなあ。


是枝さん、本当にいい顔。
佇まい、話し方も素敵で、
こういう大人って少ないような。
歳を重ねるほど、内面が外見に出る。
と、肝に銘じて、
わたしも真摯に生きていきたいものです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック