テーマ:狂言

凄い猿

昨夜の、狂言ござる乃座59th、 ……素晴らしかった。 あまりに素敵で、 帰りはずっと笑顔でした。 素晴らしい芸術、エンターテインメントの 力を再認識。 『鏡男』の石田さんの一人語りは、 これ見よがしではない凄さ。 狂言を観るたび思うけど、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

声に包まれる。

国立能楽堂の中庭をじっくり見たの、 長年通ってるけど初めてかも。 あ、仲間たちと写真撮ったことあるかな。 懐かしい。 ということで、 本日は狂言ござる乃座58thを観てまいりました。 今日、良かったなあ。 近年の中でもかなりの上位と、 個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自由が泣いている

国立能楽堂の桜でございます。 今日は「狂言ござる乃座」を観に行ったので。 2週間前とは違う、 愛嬌たっぷりの萬斎さん。 やっぱり好きだなあ。 『佐渡狐』では、 万作さんの奏者もかわいらしくて、 ただただ心がゆるんだ。 裕基くんは若いからこその 真っ直ぐな感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎮め、清める。

今日は国立能楽堂で 狂言ござる乃座 56thを観てきました。 『舟渡聟』は、やはり楽しい。 万作さんって、お酒好きの役が とてもお上手なような。 今後は萬斎さんの船頭を たくさん観られるのでしょうか。 萬斎さんの船頭も楽しそう。 パンフに 「前半のセリフ・仕草による展開から、 舞歌の世界へと昇華される点で、 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち上がる。

世田谷パブリックシアター 開場20周年記念公演 狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』 を昨日観てきました。 萬斎さんが芸術監督に就任してからは15年。 これまためでたい。 ということで、 めでたさ満載の公演でした。 お祭り的なお祝いと、 神聖な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わっさあ。

本日の桜。 これがピークかな。 これから数日間天気悪いみたいだし、 毎年のことながら、 寂しいなあ。 でも、今日のこの景色を見て、 引っ越しが正解だったと思えた。 実は初めてかも。 部屋は気に入ってるし、 不便なこととか大してないけど、 それまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それが命の不思議

Yu Sasageのムラング 桜。 本当に桜の風味が口いっぱいに広がる。 素敵。春です。 今日は狂言ござる乃座55thへ。 やっぱり裕基くんのシルエットが お父さまそっくり。 首から肩のラインというか、 狂言独特の上半身の角度が 本当に萬斎さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂言ござる乃座 54th

10/23のござる乃座、観てきました。 『萩大名』 萬斎さんがパンフレットで 書かれていた通り、 様式を意識されていたのかな? 個人的には、 もう少し“丸み”があってもいいのかな、 と思ってしまいました。 萬斎さんの大名も十分かわいらしいのですが、 先代の千作さんの印象が強すぎて、 「もっとぽかーんとしていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーチャル花見。

出社前に 江戸川公園の桜をチェック。 昨日より花の数が 着実に増えております。 わくわく。 今夜の 狂言ござる乃座、 ……素晴らしかった(うっとり)。 帰り道、ずっとにこにこしていて、 今も心が軽やか。 自分の席がシテ柱に近く、 今回の演目は その席で観ると余計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷区ぐるり。

狂言ござる乃座@国立能楽堂。 「武悪」の面を使う狂言が二つ。 『簸屑』は太郎冠者の萬斎さんが楽しい。 普段居眠りしている姿が想像できない (いつでも神経を研ぎ澄ませていそう) 萬斎さんの居眠り姿が観られるというのが貴重。 『政頼』では、 愛嬌たっぷ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more